ウネラのブログ

元新聞記者ウネラの日記

いろいろ考えてはいます

ウネラです。

また間があいてしまいました。

 

新年度は調子が出ない私。

毎日何が何やら、頭も体もついていかない日々を送っています。

 

そんななかでも、言いたいこと、書きたいことは溜まっているのですが、ひとつのことについて書いては消し、書いては消ししてる間に、次から次へと気になることが起こってしまい、なんだか全然追いつきません。

 

結局何ひとつまともに書き残せないまま、気がつくと自分の立っているところすら見失っている……そんなことのくり返しです。

 

そうならないように、何か引っかかりがあったら即、キャッチ―な言葉をちぎって投げとけばいい

 

とはどうしても思えないんです。

 

一見強そうに見えて、詰めていくと何も残らない、ふわっとした言説って、じわじわ世の中を悪くしていく気がする。

 

気がしてるんです。ふわっと。

 

何が言いたいのかというと、ただ黙っているわけじゃなくて、いろいろ考えてはいるんです、ということです。

 

黙って怒っているし、悲しんでいる。

「でも黙っていたら意味がない。何もなかったことになる」

という声が聞こえてきそうです。

 

ずっと叫んでいますよ。誰にも聞こえないだけで。

 

言い訳。愚痴です。

わさび菜です。

f:id:uneri-unera:20210419144956j:plain

子ども脱被ばく裁判/まもなく判決

とても重要な裁判の判決があと30分弱で言い渡されます。

「子ども脱被ばく裁判」です。

 

まだまだ不勉強な私たちですが、この裁判のことを知らない方にも知ってもらおうと、できる限りわかりやすく、記事を書きました。

お読みいただけたらうれしいです。

uneriunera.com

 

ウネリが取材に言っているので、判決内容はまた後ほど、お伝えできればと思います。

多くの方に関心を持ってもらいたい問題です。

みなさんと一緒に、考えていきたいと思います。

本を出したはいいものの

先日の地震からまだちゃんと立ち直れていないウネラです。

気持ちが追いついてこない感じ。

そうは言っても、焦らずひたひたと日常を送るほかないのですが。

 

わが家はものが少なく、荷ほどきしていないダンボールもいまだあるような状態なのがかえって良かったのか、片づけにもほとんど時間を要さない程度で済みました。家族にもけがもなく、停電や断水などもありませんでした。

 

f:id:uneri-unera:20210216112622j:plain

f:id:uneri-unera:20210216112710j:plain

 

でも明るくなって出歩くと、あちこちブロックが崩れており、実はわがマンションも1階部分のタイルが剥がれていたりしています。

 

f:id:uneri-unera:20210216112837j:plain

 

その後の余震の不気味さは、予想をはるかに超えるものでした。余震をこんなふうに怖いと感じるのは、正直言ってはじめてです。あらためて、3・11のことを皮膚感覚では何も捉えられていなかったんだな、と思います。そういうふうに思ってしまうのもまた、苦しい。言語化の難しいざらざらした気持ちです。

 

原発というものの存在を、いやがおうでも考えてしまう。吐き気がするような思いで。

 

しばらくは余震に気をつけろと言われても、いつまでどう気をつければいいのか。昨日はチビたちを休ませて様子を見ていたけれど、今日は登校、登園させている。100%後悔しない判断なんてないのだとわかってはいても、「これでいいのか」という考えがいつも頭から離れません。

 

そんな中でも、本の注文はいただきます。

ありがたいと思いながら、注文対応のあとにはほろほろ崩れてしまいそうになったり、自分の頼りなさに情けなくなります。

 

でも、こういう情けない一日一日も、よろよろ生きていくしかないですね。

 

書き始めのときは、こんな心情を吐露するつもりはなかったのです。すみません。

タイトルにある通り「本を出したはいいものの」という内容のことを書く予定でした。

 

『らくがき』という本を出すには出したんですが、流通面でいろいろ不具合あり、ときどき苦戦しています。

そのこと自体にはさほど悩んではいないのですが、お求めいただくお客様に不都合があってはならないということと、快く私どもの売れない(だろう)本を置いてくださっている書店様をご紹介したいということで、以下のような記事を書きました。

 

ご一読いただけたら幸いです。

books.uneriunera.com

 

 

サクランボは赤くない

本づくりのことでバタバタして、自分のやるべきこととか、優先順位がわからなくなりつつある(←これは良くない兆候です)ので、きょうはいったん本づくりのこととは違うことを書きます。

 

久しぶりに子どもの学校のことです。

 

こどもの学校シリーズは、けっこう反響があるのですが、引越しで転校したことや、そもそもほとんど子ども側から聞いたことに基づいて書くわけで、事実関係から何から、いろいろ齟齬があったら困るな…などとあれこれ悩んでしまい、書きかけでやめたものもいくつかあります。

 

首都圏時代の人気記事はコチラ↓

uneri-unera.hatenablog.com

uneri-unera.hatenablog.com

 

にもかかわらず今回書くのは、個人的にけっこう衝撃的で、モヤモヤが継続していることだからです。

 

続きを読む

本が出ます/発売は2月上旬です!

また間が空いてしまいました。

最近は本当にバタバタしていて、胃はキリキリ、頭はゴリゴリで、昨日は昼軽くダウンしていました(ぐーすか寝て元気になったので、ご心配には及びません)

 

ウネリウネラが手さぐりで作り続けてきた本『らくがき』がついに校了し、印刷に回りました!

 

版元ドットコムさんの書誌情報は以下の通りです。

本の内容とは関係のないことも、私たちの自己紹介もかねてつらつら書いているので長い!ですが、はじめての挑戦だということでどうか大目に見てください。

 

www.hanmoto.com

 

どうやら現状、楽天ブックスやアマゾンでもご予約可能な状態になっているようです。ご興味あればぜひご予約してみてください。

 

できあがるのは2月初旬ですので、商品が届くのは10日前後となります。

 

何卒よろしくお願いいたします。

 

2作目にも鋭意着手中です。体をこわさないようにほどほどに頑張ります。

みなさんにいつも励まされています。

 

f:id:uneri-unera:20210124074430j:plain

 

本年もよろしくお願いします/本を出します

久しぶりに投稿します、ウネラです。

年末から少し立て込んでいて、こちらに書く余裕がありませんでした。

が、少し遠ざかってしまうと、みるみる文章を書くことが億劫になってしまうので、無理のない範囲でほそぼそ投稿を続けていこうと思います。よろしくお願いします。

 

何に立て込んでいたのかといいますと、ひとつには本をつくっているということがあります。実はパートナーのウネリとともに、昨秋小さな出版社を立ち上げたのです。

 

そのへんの経緯についてはこちら、「ウネリウネラ本をつくる」の①~③にまとめています。

④あたりの記事からは、作業の進捗状況をもとにしたファンタジー仕立ての記事(おおむね事実ですが、登場人物や設定に一部脚色)となってきたので、いきなり最近の記事から読むとわけがわからないかもしれません。

 

ともあれ、今月下旬にはウネリウネラのファーストブック『らくがき』を刊行することになりました。佳境に入ってなお致命的なミスがぼろぼろ出てくる状態で、不安を抱えながら作業しているのですが、販売サイトなども立ち上げました。よろしければご覧ください。

ウネリウネラBOOKS (uneriunera.com)

 

現在、メールにて『らくがき』のご予約も受け付けております。予約注文いただいた方には、送料無料でお届けいたします(通常送料200円)!

 

私たちが書き溜めてきたエッセイや詩を10話ほど収録した自己紹介のような本です。コンセプトは「小さな物語」。幼少期の思い出や絵本のこと、映画のこと、子どものこと、旅先でのこと…と、その内容はごく私的です。ものの役に立つような本ではありません。

ただ私たちが大切にしていることをあいさつ代わりにそっと差し出すようなつもりで作りました。

 

まえがきにも書いていますが、私たちはこの本を通じ良い出会いが生まれることを期待しています。今後は、みなさんの素敵な文章や作品、アイディアを、ぜひ本にさせていただきたいと思っています。お気軽にご連絡ください。

 

こんなお知らせをしたところで、久しぶりの投稿を終えます。

お知らせ投稿ばかりでなく、もっとゆるりとした文章を書きたいものです。

 

本づくりのことはツイッターでもぼそぼそつぶやいています。

ご笑覧ください。

 

 

f:id:uneri-unera:20210105131512j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お知らせ2件

おはようございます。ウネラです。

きょうはお知らせを2件。

 

まず、ウネリウネラが福島市の映画館フォーラム福島の阿部支配人とコラボした連載企画「映画から考える3・11」第3回が、昨日よりマガジン9に掲載されています。

 

今回は弁護士が私費を投じてつくった『日本と原発』を中心に話が展開しています。

若い人たちの反応が良いという「口頭弁論のような」この映画。

ほかの作品と合わせ、ぜひご覧になってみてください。

 

maga9.jp

 

それから、私たちが運営するサイト「ウネリウネラ」でも「伝承館は何を伝承するのか」という企画をはじめました。

 

展示を複数回見に行った私たちが記録してきた展示の「文章」部分を材料として提示していくので、それを見てどう感じるか、自由に意見交換をしたいというのが、企画の主旨です。

 

該当記事下にご意見投稿フォームを設置していますので、そちらからぜひ投稿をお待ちしています。

 

uneriunera.com

 

寒くなってきましたね。

みなさんどうぞお体を大切に。

それではまた。